神社参拝の作法

神社に参拝する上での基本的な作法をご紹介しています。

正面から入ろう

まずはじめに、神社には大抵は裏口、横口があります。

だけどこちらからは入らずに、正面の鳥居から入りましょう。

よく分からずに正面以外から入ってしまった場合は
正面に周って入り直せば大丈夫です。

大きな神社では裏口等にも手水舎があったりもしますが
やはり正面から入るのが礼儀だと思います。

鳥居を潜るとき

神社に着いたら、まず鳥居を潜ります。

この時に一礼をしましょう。

また帰るときも一礼をしましょう。

但し、中には鳥居が幾つもある神社もあります。
この様な神社では、本殿に一番近い鳥居のみでも大丈夫です。

また参拝ではないですが、家の近所に神社があって
神社の前が通り道になっているような場所では
前を通るときに軽く一礼をされると、より神様との縁が深くなると思います。

大切なのは神様を敬う気持ちです。

敬うから自然と礼ができますし、最初は照れくさかったり
あまり敬う気持ちが無くても、礼を続けていくうちに自然と芽生えてきたりするので
よく礼に始まり礼に終わるといいますが、それは神社の参拝でも同じことなので
憶えておいてください。

手水

鳥居を潜ったら、次に手水(ちょうず、てみず)と言って
用意された水で、手や口を清める作業を行います。

この場所を手水舎と呼びます。

こちらでの作法は

  1. 右手に柄杓を持ち水を汲み、左手を洗います。
  2. 左手に柄杓を持ち替え水を汲んで、右手を洗います。
  3. また右手に持ち替え、汲んだ水を左手に入れて口をすすぎます。(柄杓に直接口を付けない)
  4. 最後に柄杓を立てて、残った水で柄杓の持ち手を洗います。

以上で手水は終わりです。

冬とかで水がとても冷たい時もあると思いますが
なるべくなら手水を行いましょう。

参拝

参拝の順序です。

  1. お賽銭を賽銭箱に入れる。(投げたりせずに、そっと入れましょう)
  2. 鈴がある神社は鈴を鳴らす。
  3. 二礼をして両手を合わせ、少し右手を下げて二拍手。
  4. 神様の名前の後に「祓え給え、清め給え、守り給え、幸(さきわ)え給え」と唱えます。
  5. 次に住所と氏名を神様に伝えます。「〇〇から来た〇〇〇〇です。」
  6. 祈りごとを伝える
  7. 最後に深く礼をする。

これが基本的な参拝の順序だと思います。

補足
・神様の名前が覚えられなかったり、複数いる場合は
神社の名前で「〇〇神社の神様」と唱えても大丈夫です。

・4の「祓え給え・・・」から6の祈りごとまで、小声でいいので声にして伝えましょう。

・長く祈りたかったり、祝詞を唱えたい時などは、他の人の邪魔にならないように脇にずれて祈りましょう。

その他の注意事項

参拝までの作法は上記までにご説明いたしましたが
参拝をすること自体がマナー違反な時があります。

1つは身内に不幸があって、49日が過ぎていない人です。
基本は親、兄弟で、一緒に住んでたり近しい関係でしたら祖父母なども入れます。

もう一つは、女性の方限定ですが生理中の方です。

それでも、付き合いだったりで生理中でも参拝しなければいけない時もあるかもしれません。

そんな時は、鳥居を潜らないようにしてください。
鳥居の外側から入ります。

鳥居を潜るということは、正式な参拝の手順を踏むということなので
そうではないということを表すのです。
(逆に言うと、普通の時に鳥居を潜らないのもNGです)

これは、死も血も神道では穢れとされているからです。

ですから、女性がダメなのではなく、生理中は血を流し続けるからダメなので
あまり無いと思いますが、男性でも怪我して血を流しながらの参拝は控えてください。
止血していれば大丈夫です。

絶対ダメ!

上の注意事項は、まぁマナー違反という、神様に対して失礼にあたるので控えましょうという軽いものです。

しかし法律違反レベルの絶対に守らなければいけない注意事項もあります。

それは・・・

・進入禁止の神域とされてる場所には入らない。

・女人禁制の場所には女性は入らない。

基本的に神様は罰を与えません。
だけど眷属は罰を与えます。それも厳格です。

時には命を落としたりすることも・・・。

ですので、上の二つだけは絶対にお守りください。