川越熊野神社

埼玉

川越熊野神社

埼玉県川越市にある川越熊野神社は「おくまんさま」とも呼ばれ
開運・縁結びの神社として地元の人たちに愛されてる神社です。

同じ川越の川越氷川神社に比べると、境内も狭いですが
ご利益バッチリの神社なので、特に金運と縁結びを願う方は訪れてみてください!

駅からも近いので、川越の街に来たなら寄らないと損です!

というわけで、今回は川越熊野神社にやって来ました(^o^)

川越熊野神社へのアクセス

西武新宿線、本川越駅の東口を出ると左に進みます。
少し先の交差点を更に直進して、5分ほど歩くと
川越熊野神社に到着。

川越熊野神社への参拝

そのまま最短距離で着くと裏口になってしまうので
僕は少し回り込んで、表の鳥居を潜ります。

もしくは裏口から入った場合は、一度中から正門を出て
再度入り直すようにしています。

正しい作法は知りませんが、やはり人様(というか神様(笑))の家にお邪魔するのに
裏口からというのはしっくりこないので(^-^;

ですので正門に回って鳥居を潜ります。

手水の作法

入って右手には手水舎があるので
まずはこちらで、手と口を清めます。

右手に柄杓を持ち、左手を洗い、次に左手に持ち替え右手を洗う。
そして手のひらに水を入れて、口をすすぐ。

最後に柄杓を立てて、残った水で柄杓の持ち手を洗って終了。

まぁこの手水をスルーする人も珍しくないですが
この程度の作法は、二礼二拍手と同じくらい行ってほしいとも思います。

でもそんなに神経質にならなくていいし
別に順序は右からでも左からでも、どっちでもいいと思う。

ただ、柄杓に直接口を付けるのはダメ!絶対!!

この辺は常識だろとは思いますが、時々見かけてしまい嫌な気分になります・・・。

それはさておき手と口を清めたら、右手に弁財天などもおりますが
まずは本殿に進みます。

本殿の参拝

こちらの御祭神は伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、事解之男尊(ことさかのおのみこと)
速玉之男尊(はやたまのおのみこと)の三神。

これらの神様の名を上げて、祈るのがベストなのだとは思いますが

こちらの神社のように三神もおられると憶えれなかったり
神社によって微妙に呼び名が違ったり、時には全く違う神様が入ってたり・・・

なので基本的に僕は、川越熊野神社でしたら
「川越熊野神社の神様」と呼ばせていただいてます。

そうすれば間違いはないですからね(^_-)-☆

で、基本的なお参りの仕方というか僕の場合は

  1. お賽銭を入れる。
  2. 鈴があるときは鈴を鳴らす
  3. 二礼二拍手。

この二礼の時、腰は90度に曲げて、頭のてっぺんや背中から
邪気を神様に吸い取ってもらうイメージで行います。

「川越熊野神社の神様、祓え給(たま)え、清め給え、守り給え、幸(さきわ)え給え」

そしてまずは住所と名前を述べます。

「東京都〇〇区〇〇〇〇〇から来た〇〇〇〇です」

次にお参りさせていただいたことの感謝を述べます。

「今回も参拝させていただき、ありがとうございます
これからも〇〇神社の神様のご加護をいただけますように」

ここまではどの神社でも述べますね。
また小声ですが声に出してます。

そして願いがある場合は1つ2つと述べさせてもらいます。

人がいない時や、大きな神社で並ばなくてもいいところでは
ゆっくりと神様に意識を合わせて、神気をいただきます。

という感じで本殿をお参りさせていただいた後は
弁財天の社に向かいました。

銭洗い弁財天

基本的にどの神社でも、摂社や末社と呼ばれる神社が併設されてたりしますが
この辺は、ご自分の願いや信仰に適した神様が居れば、お参りすればよいと思います。

なので僕は弁財天が好きなので、弁財天は必ずお参りします!

ちなみに僕は弁財天よりも弁才天という字が好きです。
お金よりも音楽の才が欲しくて祈ってるので(*´▽`*)

弁財天には弁財天の鳥居があります。

ですので、こちらを潜ってお社に。

厳島神社です。

そして次に右側の撫で蛇様へ

願いによって撫でる場所が違うみたいなので
僕は芸能上達のご利益があるという巻物を撫でました(^o^)

そしてラストは銭洗い弁財天!

こちらはお金をザルに入れて水を掛けると金運アップ♪
ということなので早速・・・

僕は金運アップというか、お金の垢?を落として下さいと願いながら水を掛けました。

鎌倉の銭洗い弁財天は、洗ったお金は使うと良いと言われてますが
こちらはどうなんでしょう?

まぁ500円だけだったので、すぐに団子買うのに使いましたが(笑)

この他にも境内には、大鷲神社や秋葉神社、お稲荷さんもありますので
お好みに合わせてご参拝ください。

この後は川越氷川神社にも行きましたが、それはまた次回!

川越 熊野神社
前向きに心豊かに過ごせますように

コメント